外壁の塗装タイミングについて

外壁塗装に関してですが、しないとダメ? また、外壁塗装をするタイミングは?という事をお考えになっている方も多いと思います。。
ここでは、外壁塗装のタイミングに関して少し書いてみます。
まず、外壁塗装に関して言いますと、全くしなくて良いという事は絶対にありません。。
どんな材質で作られている住宅であっても、紫外線、雨風によって表面は風化してきます。
そのような状態のまま、長期間 放置し続けると表面の傷みが酷くなって、雨漏りの原因になるという事はよくある話です。
では、どのようなタイミングで外壁塗装を考えるのが良いのでしょうか。。
ます、今 現在 最も多くの一般住宅の場合、外壁の材質はサイディングと言われるものが多いです。
サイディングの場合、非常に表面が丈夫にできている物も多くなってきているので、長持ちする場合も多いです。
しかし、サイディングの最大の問題は、つなぎ目部分だと思います。
実は、サイディングの繋ぎ目部分は、通常 コーキングと言われる物を使ってつなげているという感じになります。
このコーキングが非常に問題で、長期間 持つものを使ったとしても、5~6年も経てば劣化が始まってきます。
当然、施工方法や、コーキングの材質、またサイディングの貼り方によっても変わってきますが、多くの場合、6年ほどで劣化が始まると考えて問題ないと思います。
外壁塗装 神戸
確認の方法は、コーキング部分(繋ぎ部分)を良く確認して頂ければ、サイディングとの隙間が出来ているとか、非常にへこんでいるという場合があります。 酷い状態になると、粉が出ているというか、触るとボロボロしている場合もあります。
サイディングの住宅の場合、コーキング部分を塗膜で覆うという事を考えると、やはり塗り替えが必要です。
また、最近は、意匠の優れたサイディングが出てきていますので、早めにコーキング部分をやり直すのであればクリアの塗装をする事によって、その分 塗り替えのスパンが長くなるという事もあります。
時間が経っている場合は、意匠のサイディングでも完全に塗装をするというパターンもありますが、今では非常に塗装方法も様々ありますので、施工業者さんと打ち合わせを行って外壁塗装をするのがベストだと思います。

次に良くみるのがALCという材質の外壁です。 こちらの材質も、先ほどのサイディングと同じくコーキングを行っている場所が多いので、早めの外壁塗装がベストです。 ただ、今までの経験上ではサイディングの外壁よりも、コーキング部分の劣化は少ないと思います。 ですが、ALCは塗装によって水分を通さないようになっている材質です。 その為、塗装が不可欠なんです。
強そうに見えるALCですが塗装前に水分が付くとボロボロになってしまいます。
ですので、外壁塗装が絶対に必要なんです。

外壁塗装 神戸